みなさんこんにちは!

ミライエ南森町の横山でございます。

唐突ではございますが、ブログのタイトルにもしております

VDT症候群をご存知でしょうか。

 

ミライエでは毎週、看護師による健康管理講座を行っておりますが

今週のテーマが【VDT症候群】でした。

 

聞きなれないワードなので利用者さんからも

「VDT?なんかの頭文字?」「V?D?デジタルのD?」

などとお声があがっておりました。

 

VDT症候群とは...

Visual display Terminal症候群の略称で

直訳すると⇒視覚画面端末症候群

パソコンなどのディスプレイなど表示機器(VDT)を使用した

作業を長時間続けたことにより、目や体、

心に支障をきたす病気のことをVDT症候群といいます。

 

では、簡単にVDT症候群のチェックをしてみましょう。

 

 

自己診断はいかがでしたか?症状チェックとパソコン環境チェック

合計7つ以上の項目に当てはまる人は、VDT症候群の可能性が高いと思われます。

 

 

ミライエでは、看護師による体調管理講座の一部で

厚生労働省の「VDT作業における労働衛生管理のためのガイドライン」をもとに

VDT症候群のセルフチェックや休憩の取り方

パソコン周囲の環境の整え方を知り、

正しい姿勢やストレッチについては実践もまじえて確認しました。

 

ミライエでの訓練をはじめとして、今後職場でもVDT作業に

携われる方が多いと思いますが、意識して作業にあたってくださいね。

 

ブログ一覧へ戻る