ミライエのサービス|大阪市の週1から通える就労移行支援事業所 ミライエ

ミライエのサービス

就労移行支援事業とは

就労移行支援事業は「障害者総合支援法」によって定められた、
働くことが困難な方や障がいを持つ方の就労をサポートするための障害福祉サービスのひとつです。

  • 事業を行うには各市町村からの許可・指定を受ける必要があります。

ミライエでは個別のプログラムで利用者様用をサポートします。

就労移行支援事業の利用対象者

就労移行支援事業所は一般就労などを希望する方で、次の条件のうちどれかを満たす原則18歳から65歳未満の方が利用することができます。

  • 障がい者手帳を持っている
  • 自立支援医療を受けている
  • 医師の診断書をもっている

※上の条件に当てはまらなくても、一度ご相談下さい。

就労移行支援事業の利用契約は18歳以上となりますが、17歳以下の方についてもミライエでは体験のお申込みや将来的な利用相談を承っています。
ぜひともご相談ください。

障がい者手帳や医師の診断書がなくても、一度ご相談を

ミライエでは今後・将来への就業についてのご相談や、ほかの福祉サービスなでへの連携も実施しております。ぜひとも一度ご相談ください。

  • 対人関係で仕事が続かない
  • 生活困窮から立ち直りたい
  • 心身の不調で、前職からブランクがある
  • 仕事を経験したことがない
  • うつ状態である
  • 家にこもりがちになっている

※このようなお悩みを抱えておりましたら、ぜひとも一度ご相談ください。

就労移行支援を利用するメリット

就労に必要な生活習慣やリズムを整えられることができます。

就労移行支援サービスを受けることで、就労に最も求められる安定して出勤できることをアピールすることが可能です。

またミライエで週4回以上での来所で通所に必要な交通費の負担や、通所日数に対して記念品の贈呈をする独自のサポート(ミライエチャレンジ)などの実施。ミライエ独自の支援体制で利用者の支援を行っております。

就労説明会や面接などへも同行してサポートいたします。

対人関係で不安を抱えた方やはじめていくところに不安のある方など、会場や企業様まで同行し利用者様の不安を取り除けるようにサポートをいたします。

就労に必要な生活習慣やリズムを整えられることができます。

就労移行支援所で訓練を受けた期間を履歴書や職務経歴書に記載することができます。来所し学んだ事や取り組んだことを面接などで伝える事ができ大きなプラスとなります。

また、体調の不調などで就職活動期間が長引いてしまった方も訓練歴を記載することでマイナスイメージも和らげることができます。

仕就労へ1歩ずつ、無理なく進める!

就労移行支援でのステップアップ

就労移行支援でのステップアップ イメージ
STEP.1
通所することで生活リズムを整えていきます。ミライエでは週1回の1時間からでも利用できます。はじめは少しずつ環境に慣れることからはじめることができます。
STEP.2
他の利用者やカウンセリングを通しコミュニケーション能力を高めることができます。
STEP.3
企業実習などのスキル向上を経て、就職活動に進みます。ミライエでは面接時の同行や就労後の定着支援も行っております。
STEP.4
実際に企業様にお伺いし、実習や体験を行い。就労へさらなるステップアップを目指します。
STEP.5
企業実習などのスキル向上を経て、就職活動に進みます。ミライエでは面接時の同行や就労後の定着支援も行っております。

ミライエご利用までの流れ

ミライエご利用までの流れ イメージ

就労移行支援事業所ミライエの支援方針

就労移行支援所ミライエでは単に就職を目標とする支援ではなく、就労を社会の中での役割と捉えその先に向けた支援を行います。
また、ご利用者が求められる場や必要とされる場で、ご自身の能力を発揮できるよう、一人ひとりに合った支援をさせていただきます。

ミライエでは週1回の1時間のみからでも利用が可能です。

ミライエでは、新しい環境が苦手な方やコミュニケーションに不安がある方でもじっくりと通所していただけるに、週1回から1時間のみでの利用が可能です。
新しい環境に慣れるところから、無理のないスペースでじっくりと通っていただけます。

利用者様一人ひとりの個別支援計画を作成します。

ミライエでは利用者様一人ひとりの状況にあわせて、個別の支援計画書を作成しています。
3ヶ月ごとにカウンセリングなどを通し振り返りをして課題を再設定し、無理なく少しずつステップアップをしてきます。

ストレスが生じる場面をとらえ、それをどう乗り越えていくかなどのスタッフとともに考え実践する支援を行います。

利用時の1日のタイムスケジュール(基本)

プログラム内容は利用者様毎に個別で作成していますが、利用時に基本となる時間割を設定しています。希望者の方はプログラムの時間にビジネスマナー講習やPCスキル取得に向けた講習などもご用意しておりますので、しっかりとスキルアップを目指し就労に繋げて頂くことができます。

時間 訓練内容
10:00 朝礼
10:10 1時間目プログラム
11:10 2時間目プログラム
12:00 お昼休み
13:00 3時間目プログラム
14:00 4時間目プログラム
14:50 清掃
15:00 終礼


※各プログラムとプログラムの間には10分間の休憩時間を設けております。

カウンセリングの実施について

ミライエでは臨床心理士、精神保健福祉士によるカウンセリングを定期的に実施。
本利用されている方を対象として、無料で行っております。
1回のカウンセリングは約40分になります。普段の生活では人には言いづらいことや、じっくり聞いてほしいことを話すことが可能です。カウンセリングがどのようなものかわからない方や、専門の医療機関で申し込んでのカウンセリングは緊張するといった方も、事業所内で気軽に受けて頂くことができます。

医療機関や他福祉サービス施設
などとの連携

ミライエでは、医療機関に通院されている方、訪問看護を受けている方に対して

  • 診断書や自立支援医療などの手続きの同行。
  • 本人の許可を得た上で医療機関での情報共有

他の福祉サービスを受けられている方は担当者同士での会議などを行い情報共有を行うことでより良いサービス提供に努めています。
また、医療機関のみではなくメンタルクリニックとも連携しており、当事務所から紹介の上受診していただくことができます。
メンタル面が不調だけど、精神科に行くのは緊張する方。クリニックで上手に自分の症状を伝えることが心配な方がおられましたら、ぜひ一度ご相談ください。

一般企業様との連携

ミライエでは利用者様の就労への不安を少しでも取り除けるように、一般企業様への連携を積極的に行っております。
ミライエでの訓練に慣れ就労へのステップアップを無理なく進めていただけるように、各企業様にはご協力をいただいております。

企業様の職場見学

面接を受けたい企業様や気になる業界の企業様と連携を取り見学させていただきます。
実際に見て実際の職場環境を知ることで、利用者様の不安を取り除き、より良い就労へのステップアップを目指していただくことができます。

企業様での職業体験や実習

はじめての業界や、体験を経て就労に繋げたい方は、企業様のご協力をいただいて体験や実習も行っていただく事ができます。体験・実習を行うことで利用者様がしっかりと働くことができるかどうか判断していただく材料にもなります。

などにご参加いただくことができます。
※直接的な職業斡旋は行っておりません。

就労移行支援事業所からの就職

就労移行支援事業所で訓練して就職することは、企業様からも3つのポイントから勤続ができる証明となり好印象となります。

安定して1つの場所に通うことができる証明がされている。
毎日しっかりと勤務できることは企業様にとって、もっとも重要視するポイントです。就労移行事業所に通うことで、企業様にしっかりと勤務できることが証明できます。
就職者の心身の配慮について企業様が事業所に相談できる。
事業所が就職者様と企業様の間をご連絡などで話し合い、双方のご負担を軽減することで、働くことへの不安などを軽減できるようにサポートいたします。
職場環境の調整について利用者様が事業所に相談することができる。
就職した後、不安なことや辛いことがあった場合事業所より企業様への連絡を行います。その中で就職者様が働きやすくなるように企業様へ相談することができます。

「就職する時」「就職した後」も
ミライエがサポートいたします。

就職した後の定着支援について

ミライエでは、利用者様が就職された後も利用時と同様に、電話でのご連絡や面談によって定期的にサポートを行います。
また必要に応じて就職先の企業様と話し合い、ご本人様への対応や、負担軽減への対策についてのご提案や調整を行います。

当該HPはできうるだけ「障がい」と記載するようにしておりますが、
大阪市役所の「障害」の「害」のひらがな表記の取り扱いについてに則り、
障害と記載している箇所がございます。ご了承ください。